屋根裏の空気の流れを把握する

暖かい空気は上昇します。

“普通の家”ですと屋根裏に溜まる暖かい空気を外部に上手に排気しないと、夏場は夜になっても天井付近の温度が高く寝苦しくなります。
屋根裏に収納や屋根裏部屋がある場合暑くなっているのはこれが原因です。
三郷の『暖涼の家』では屋根裏の空気にもこだわります。
屋根裏収納や屋根裏部屋をつくる場合は、屋根と屋根裏天井の部分の断熱性を重要視します。もちろん隙間がないように施工されているか気密性能のC値にも拘り測定します。
コストを下げるために屋根裏収納や屋根裏部屋を設けない場合は、
小屋裏断熱の施工を採用して、やはり隙間がないように施工をしているか
気密性能のC値を測定します。
住宅の断熱性では特に屋根裏や天井部分に溜まった熱が隙間から天井や壁などに伝わっていく量を少なくしていく事が大切です。断熱をたくさん厚くするだけではなく隙間をいかに少なくさせるか職人さんの腕の見せ所になります。
隙間を少なくすれば、余計な空気のよどみもなくなり、快適な空間で生活ができるのです。
三郷周辺エリアのお住まいのご相談はトヨダ建設まで!
0120-50-7660