水を吸う断熱材は使わない。。。

前回のブログで断熱材は、隙間を作ってしまうと劣化しやすい!
“一般的の在来工法だと筋交いの角に隙間が出やすいので、
パネルをはめ込むパネル工法であれば、グラスウールと筋交いに比べて
隙間が極端に少なくなります。”
このように書きました。
隙間を作ってしまうと外気のとの温度差で結露が発生します。
窓ガラスに結露ができる場合は壁の中も結露ができてしまうのです。
その場合、グラスウールですと結露の水を吸ってしまい、カビができて構造の木材を
劣化させやすいのです。
トヨダのstudioには、グラスウールと発泡ウレタンのサンプルを使って、
わかりやすいように比較展示をしてあります。
詳しくはスタッフまでお問い合わせください。
0120-50-7660

『あなただけに・・・。』

〜価値ある空感づくりを共に〜
圧倒的な創造性豊かな工夫を取り込んだ、

お客様がワクワクする提案を探求する!

三郷周辺エリアのお住まいのご相談はトヨダ建設まで!
0120-50-7660