湿気対策を考えた家づくりも必要です。

GWが終わり季節はまもなく梅雨になりますね。

湿度の高いこの時期は、洗濯ものが乾きづらい、押し入れやクローゼット内も

ジメジメです。

 

tuyu2

しかし、最近トヨダでお勧めする『暖涼の家』のSW工法は、

梅雨の時期も家中の湿度が外気と比べて低いので快適です。

理由は家に空いている隙間が非常に少ないので、外からの湿気が入りずらいのです。

専門用語ですと”高気密”(こうきみつ)といいます。

気密が良いといっても、息苦しくはありませんし、高性能の換気システムを使っているので

部屋中の空気もきれいに循環されています。

IMG_4958

例えば、1m四方の壁からの湿気(湿度)の侵入は0.5g/日ですが、

1mmの隙間があるだけで800g/日も侵入することになり、これが梅雨の時期や

夏場の不快な湿気(湿度)の原因なのです。

なので隙間だらけの家ですと換気が隅々までできません。

高気密かどうかは機械で一棟づつ現場で測定しまし、測定結果も提出します。

隙間の大きさを表す値はC値(しぃーち)といいます。

C値1.0より少ない値を高気密と呼んでいます。

トヨダではC値0.5以下をクリア基準にして施工しています。

耐震も重要ですが隙間をあらわすC値の数字にも敏感にアンテナをたてて、

家づくりを考えていきましょう!

 

トヨダのモデルハウスの『豊徳館』で体感や月イチ家づくりの勉強会『住まいの学校』も開催中です。

お問い合わせ、ご予約お待ちしております。

 

『あなただけに・・・。』

~価値ある空感づくりを共に~

 

圧倒的な創造性豊かな工夫を取り込んだ、

お客様がワクワクする提案を探求する!

 

三郷周辺エリアのお住まいのご相談はトヨダ建設まで!
0120-50-7660