くらしと収納-収納って大きい方がよい?

こんにちは

三郷市のトヨダ建設です。

 

家づくりをする時に

 

「収納はできるだけ大きく」

「お納戸が欲しい」

 

というご要望があります。

 

 

でも、収納って本当に大きければよいのでしょうか??

 

押し入れ.png

 

 

例えば押し入れ。

昔ながらの間取りなので、特に和室には併設するのが

当たり前になっています。

 

でも、収納相談で多いのは

「押し入れが上手く使えない」

という内容。

 

押し入れは、本来布団をしまうという目的で

幅一間(約180cm)、奥行き半間(約90cm)で出来ています

(地方によっても異なります)。

でも、布団を上げ下ろしする家庭が減っている今、

このサイズで収納を作る必要性が少なくなっています。

 

さらに、布団を入れるという場合も

最近の布団のサイズは昔よりも一回り以上大きくなっています。

幅100cm程度が主流ですから、畳んで押し入れに入れようと思うと

そこが半間のスペースだと入りませんし、一間でも扉を開けた状態が90cm以下になるので

しまいにくいですね。

 

 

それに人の手が無理なく届くのはせいぜい60〜70cm程度。

奥行き90cmというのは、その範囲外となりますから

布団以外をしまうには奥が活用しにくくなるのです。

 

つまり収納が大きければ良いと言って

押し入れを”とりあえず”作っても、活用できずに結局

使いにくい収納スペースになってしまうということ。

 

そこに何をしまうのか。

お布団をしまいたいなら、間口100cmは必要。

お布団はしまわないなら奥行きを浅くする。

 

そんな工夫が必要になります。

収納部分を設計する時はぜひ何をしまいたいのかを

考えてみてくださいね。

 

◯詳細はこちらからもご覧頂けます。
たつみようこのブログ→「ラクチン生活のススメ」
◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●
text: Yoko Tatsumi all rights reserved.

 

 

三郷周辺エリアのお住まいのご相談はトヨダ建設まで!