くらしと収納〜贈答品との付き合い方

こんにちはトヨダ建設です。

”暮らしのなかのモノ”を考える時に大切なのが
「何を置いておきたいか」
という基準です。

「何を捨てよう」ではないのがポイント。

身の回りのものはご自身の生き方の象徴です。
趣味がアウトドアという人は、当然アウトドアグッズを所有していますが
そうでない人は持っていませんね。

つまり持物はその人となりを語るということ。
「どんなモノに囲まれていたいか=どう暮らしていきたいか」
なのです。

とは言っても、家の中にあるのは自分で選んだものだけではなく、
そこが悩ましい所なのが現実。


得にコントロールが難しいのが
人からの頂き物ではないでしょうか?

海外の人から見ると、日本ではモノのやりとりがあまりに頻繁で
みなさん驚くそうです。

一昔前よりは減ったとはいえ、お中元やお歳暮などの贈答品、
旅行のお土産など様々なものが飛び交うのが日本の一つの特徴。

箱入りのシーツやタオルケット、質のよい食器、
またはお土産屋さんからの置物。
もらったことがないという人はおそらくいないでしょう。

趣味に合うものならよいのですが、
そうでないと大変です。

また、タオルやタオルケットが
多すぎるのは困りものでもあります。

どうしたら頂きものとうまく付き合うことが出来るのでしょう?

次の記事へ

 

三郷周辺エリアのお住まいのご相談はトヨダ建設まで!