くらしと収納〜新居の収納作り

こんにちはトヨダ建設です。

 

 

新居を建てる、またはリフォームして新しい空間に住む。

 

どちらも大きな決断と変化が待っています。

まずプランニングをする段階で、どんな暮らし方をしたいかを意識することが

大切なのは以前にも書きました。

 

それを踏まえて間取りや動線が決まってきます。

収納を考える時も、どんな暮らし方をしたいか考えるずに

「とりあえずお納戸を作りたい」

「大容量のウォークインクローゼットがいい」

と考えてしまうのは失敗のもとです。

 

それはなぜか。

 

お納戸もクローゼットもモノを詰め込むだけでは

「収納」とは言えないからです。

 

収納の基本。

それは「必要な物が、必要な時に、ストレスなく取出せる」です。

 

広いスペースさえあれば確かにモノは入れられます。

しかし、入れたものが何か分からない。

すぐに取出せない。

これでは「収納」とは呼べません。

必要な時に使えないモノ=ゴミ(と同じ)を置いておくための

ゴミ置場になってしまいます。

 

せっかく作る家、せっかく住みやすく作り替える住まい、

そんなスペースがあってはもったいないですね。

 

では、どうやったら機能的な収納を作ることが出来るでしょう。

 

まず

①どんな物を持っているかを知る。

②本当に必要かどうか見直す

③適所収納を考える

 

この3点を押さえておくと、新しい住まいでの

収納に困ることがありません。

 

次からひとつづつ見て行きましょう。

 

 

<次の記事へ>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三郷周辺エリアのお住まいのご相談はトヨダ建設まで!