くらしと収納〜新居の収納作り2

こんにちは トヨダ建設です。

 

新居に収納を作るときに考えること。

一つ目は、

「どんな物を持っているか知る」

です。

 

収納パターンには習慣が大きく関係します。

今モノが多くて困っている方が、新しい住まいで急にモノの少ない生活を

するのは難しいでしょう。

収納スペースを増やせば解決。。。しないのです。

 

まずは自分がどんな習慣を持っているかを知ることが大切です。

そのためには、収納スペースにどんなものが、どんな状態で

収められているか今一度見ることが有効です。

 

頂き物をしまい込んでしまうタイプ、

とりあえず、と言って隙間に詰め込んでしまうタイプ、

古いものを処分せず新しい物を買ってしまうタイプ(服等)

 

ご自分はどんなタイプでしょう。

 

そうやって家中の収納スペースの中身を見直してみると

案外不要な物を様々な理由で残していることが分かります。

 

この習慣を見直すことが、不要な物を溜めることのない

効率的な収納を作る第一歩になります。

 

 

では二つ目の「本当に必要かどうか見直す」

これは、住まいづくりの第一歩となる

「どう暮らしたいか」に深く関係するお話。

 

詳しくは次の記事でお伝えします。

 

<次の記事へ>

 

 

 

アメリカ発の整理術 ライフオーガナイザー
たつみようこのブログ→「ラクチン生活のススメ」
◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●
text: Yoko Tatsumi all rights reserved.

 

 

三郷周辺エリアのお住まいのご相談はトヨダ建設まで!