くらしと収納〜新居の収納作り ストーレージ編

こんにちは

新居の収納設計についてあれこれ書いてきました。

 

このテーマの最終回は、各部屋の収納のルールに当てはまらないものの収納。

 

iStock_000007686333XSmall.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あてはまらないものってどんなもの?

 

例えば、

季節のもの・・・ストーブ、おひな様、扇風機 など季節の物

室内だけに限らないもの・・・アウトドア用品、スーツケース、

色々なところで使うもの・・・工具、掃除道具

 

これらは、まとめて収納するスペースを作ってしまいましょう。

階段下や廊下にミニストレージを作ります。

ここでも奥行きは80cm以内に押さえます。

 

内部の奥面には棚を設置。

高さを変えられるように、レール式にするのがおすすめです。

img56085400.jpg

 

棚板の奥行きは50cm以内に収めましょう。

奥行きが深過ぎると物を取り出しにくくなります。

 

扇風機などの大きい物は床から棚板まで大きく開けた

スペースに収納すると出し入れにストレスがありません。

 

手前の空いた部分には、背の高い物や出し入れの頻繁な物を

収納することが出来ます。掃除機やフロアワイパーのようなものを

さっと出し入れできます。

 

レールと棚板のサイズを工夫するだけで

とても便利に使う事が出来るようになります。

入っているものを把握して、死蔵品を作らないようにするのも

快適収納のポイントです。

 

住んでいるうちに物は増えて行くもの。

定期的に見直して、不要なものは手放すことを

習慣にしましょう。

 

 

収納の設計はここまで。

来月はいよいよ12月ですね。

スムーズな大掃除について書いて行きたいと思います。

お楽しみに♪

 

 

 

  アメリカ発の整理術 ライフオーガナイザー
たつみようこのブログ→「ラクチン生活のススメ」
◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●
text: Yoko Tatsumi all rights reserved.

 

 

三郷周辺エリアのお住まいのご相談はトヨダ建設まで!