体感温度には個人差があるので

三郷市で『暖涼の家』に住むためには、快適性が重要です。

快適といっても人間には”五感”があります。
“冬暖かく夏は涼しく”これは体感温度も人それぞれ違うために、
入居してからの生活がきめてになります。
私は湿度が高いのが嫌いです。
電車内なども他の人よりも汗をかきやすいタイプです。
快適さは環境側と人間側とのバランスで決まります。
環境側は空気の”温度”や”湿度”、輻射熱、気流があり
人間側は衣類などを着る量と活動している時の量があります。
これらのバランスで快適性が高まります。
人の右側に並ぶのと左側に並ぶのでも、心臓が左側にあるので心理的も違うと言われています。
床や壁の表面温度も大きく影響します。
気温と湿度だけの数字だけでは快適さが増すかわかりません。
そこには”五感”も重要ですし、衣類の量も重要です。
この時期の冬場の推奨室内温度は18℃〜20℃です。
たとえば、断熱性が低い住宅ですと床の表面温度が10.8℃ぐらいになり
いくら室温を20℃にしても体感温度は15.4℃で寒く感じます。
一方、断熱性が高いレベルの住宅だと床の表面温度は18℃で、同じ室温を
20℃に設定しても体感温度は19℃で暖かく感じます。
三郷市『暖涼の家』はこれと同じ体感温度です。
新居に住んで長い年月が経ち、住宅は経年劣化していきます。
しかし、三郷市の『暖涼の家』に住んでいると部屋中の快適差は、
入居した時と変わらない快適性が保たれています。
その時には『暖涼の家』がたくさん建ち並び、健康で幸せな家族の笑顔も増えています。

『あなただけに・・・。』
〜価値ある空感づくりを共に〜
圧倒的な創造性豊かな工夫を取り込んだ、
お客様がワクワクする提案を探求する!

三郷周辺エリアのお住まいのご相談はトヨダ建設まで!
0120-50-7660