30年たっても快適な暖涼の家

家を建てる時に考えることは、間取りや耐震をすぐに考えます。

日本は地震国ですから、家が崩壊しては大変なことです。
“地震に強い家”とはきちんとした根拠があります。
耐震等級1〜3で表します。
数字が大きいほど耐震性は勝ります。
今現在で、地震に強いとされるのが耐震等級3になるわけです。
ちなみに建ててから失敗した例で多いのが、部屋が暑い寒いです。
耐震だけでなく毎日の暮らしで部屋中が桜の咲く季節でしたら、なお良いですね。
三郷市の”暖涼の家”は一年中部屋の温度が桜の咲く季節です。
30年たっても快適さは変わりません。
将来、屋根や外壁などはメンテナンスが必要ですし、
もちろん室内も設備機器や壁紙なども張り替える必要があります。
床は無垢材が長い年月で、いい風合いが出ると思います。
新建材の床材は、表面のコーティングが紫外線の影響で剥がれる可能性があり
細かいキズが目立ちます。
無垢材はその家の歴史が語れるのです。
ただ新しくする、高価な商品にするだけでなく、長いスパンで考えて欲しいです。
長いローン返済が終わって、子供達の代で解体するのではなく、家を引継ぐことで
コストも少なくできます。
光熱費も少なくする事も可能ですし、太陽光発電パネルを設置する事で、電気代がかからず
電力供給会社から、発電量を買い取ってお金がもらえる事も可能です。
本当の良い住宅とは、快適さが何十年たっても変わらないはずなのです。
三郷市の”暖涼の家”は間も無く咲く、桜の咲く季節のような空間が体感できるのです。
三郷周辺エリアのお住まいのご相談はトヨダ建設まで!