construction_main

 

生涯健康に過ごす為に住宅に何が必要か。

トヨダ建設の「3つのこだわり」をご紹介いたします。


water

e〜みず エルゼ

人間は、水の中で誕生した生命を受け継ぐ生物のひとつです。体内から水がなくなること、それは死を意味することになります。人間の生体機能は水なしで語ることはできないのです。人体のほとんどが水でできています。性別や年齢で差はありますが、胎児は体重の約90%、新生児は約75%、子どもは約70%、成人は約60~65%、老人は50~55%を水が占めているのです。水は人体にとって重要な物質なのです。トヨダ建設では新しい水処理理論に基づいて開発された水処理装置を採用。薬品を使用しない水処理は、水中の不純物を除去したり、特殊な成分を添加する事なく、水そのものの物性を変えることで、水を活性化します。人体に必要な浄化された活きた水が蛇口をひねれば家中で出てくるのです。


air

計画換気・FFC加工

生涯を通じて、からだに入る物質の56%は、自宅で吸う空気です。最近では胎児の複合汚染の大きな原因が、お部屋の空気汚染に起因すると言われています。室内の空気には、目に見えない「よごれ」、「ニオイ」、「ガス」などが沢山含まれています。また大気中に沢山の粒子状汚染物質が存在します。その数は、大気1リットル中に通常の状態で約7500~22000個、埃っぽいと感じる状態で約10万~20万個といわれています。これらの汚れ類は、人間の健康を害したり、室内を汚したりします。このような空気中の汚染物質を除去し、快適な室内の空気環境を実現するために、トヨダ建設では家中の空気をキレイにする素材(クロスなど)を採用し、ホルムアルテヒドなどの健康を害する空気の問題を解消します。


environment

高気密・高断熱・高耐震・光熱費ゼロ住宅・CRS

地球で起こりつつある地球温暖化による気温変化。その多くの原因はCO2などの温室効果ガスなどの影響とされています。このままだと2100年には地球の温度が約1.4〜5.8℃上昇。気温が約4℃上昇すると地球上の40%〜70%の動植物が絶滅してしまいます。それだけでは無く、伝染病や食糧不足など、さまざまな災害が起こり、人類さえ絶滅してしまいます。地球の未来、次の世代に地球を残していくためにトヨダ建設は考えます。たとえば、外壁に高断熱・高気密の素材を使用することにより部屋の温度を一定に近く保つことが可能です。電気をほとんど使用することなく一年中快適な室内にする事で家庭から排出されるCO2の減少、さらには省エネにもつながり、エコはもちろん、快適でお得な暮らしが実現できます。

 
 
 

三郷周辺エリアのお住まいのご相談はトヨダ建設まで!